こんな事も出来たの!?耳の美容整形について

admin

2017年3月25日

立ち耳修正・改善法のメリット・デメリット

立ち耳とは、正面から見た時に耳が顔の輪郭から大きくはみ出している状態です。具体的には側頭部から30度以上はみ出していると「立ち耳」に当てはまります。

他人の視線が耳に集中しやすいほど目立つので顔とのバランスでお悩みの方に選ばれている方法です。

手術用の細いナイロン製の糸を使って、耳を埋め込むように角度を付けることによって修正をします。この方法は、メスを使う方法ではないので、身体的負担が軽いことが特長です。また糸も中に入れるので外からは見えることがありません。

デメリットとしては、切開法と比べて耳の形が元に戻ってしまう可能性があります。

耳たぶ修正のメリット・デメリット

耳たぶ修正は、耳たぶの形や大きさ・角度にコンプレックスをお持ちの方やピアルホールの修正に使われる方法です。

耳たぶ修正手術には部位や程度によって様々な方法があり、ピアスホールを塞ぐには「ピアス孔閉鎖術」、事故や怪我などで耳たぶが裂けてしまった場合には「耳垂裂形成術」、耳たぶを大きくするにはヒアルロン酸や脂肪を注入するといった方法が適用されます。

耳たぶは顔の印象を決める上でも重要な部位で、コンプレックスに感じている人が少なくありません。

例えば女性の場合は髪をアップにする髪形や耳を出すヘアスタイルが出来ないといったお悩みをお持ちの方にも選ばれています。

ただし、デメリットとしては手術跡が残ってしまう可能性があることと、ダウンタイムには炎症や化膿が起きてしまうリスクが生じてしまうことです。

小陰唇の整形とは、小陰唇が人よりも大きいと感じたり形が不揃いでは、と悩んでいる方が受けられる整形手術です。

Related Posts

腰痛は寝ている間に悪化する?その原因と対策

admin

2017年3月25日

寝具が腰痛に影響を与える ほとんどの人は布団やマットレスで眠っていますが、その硬さが腰痛に影響を与えています。 […]

Read More

活用の幅の広さがすごい!S字フックを上手に取り入れるコツ

admin

2017年3月25日

バッグの中にS字フックを入れておこう 100円均一ショップなどでも購入できる、S字フック。シンプルですっきりと […]

Read More