製造業に欠かせない!CADシステム導入の魅力

admin

2017年2月26日

設計者の作業時間を短縮できる

CADシステムは、建設業や工業製品の設計として活躍してきましたが、今日ではインテリアやアパレル商品を作る製造業でも多く取り入れられています。

紙面上ではなくコンピューターの中で作図を行うことになるのですが、作図方法を覚えてしまえば驚くほどの作業効率を上げることに役立ちます。同じものを描くにしてもコピー機能でいくらでも連ねることができたり、細かな数値も自動で計算をしてもらえるので手間を省くことができます。また、部分修正をするときにも必要な数値を入力するだけで動かすことができます。

お客さんからの急な依頼が来れば、焦って計算を間違えてしまうこともあるものです。しかし、CADであれば短時間で処理ができるので落ち着いて作業ができ、すぐにお客さんの要望に応えることができます。

豊富な機能でイメージがわきやすい

CADは、製図を効率的に行なうことができるというメリットだけではありません。

製図は、紙面上で描くとしてもコンピューター上で描くとしても、平面的な図になります。これを立体的にして商品にした時には、製図の段階では分からなかったことや実際のイメージと違っていたというトラブルも多いものです。CADでは、平面的な製図であっても立体的な形に見せてくれる機能があります。そこに色を乗せたりとプラスすることもできるので、より製品に近い状態で見ることができるというメリットも持っています。

さらに、このシステムではデザイン画や絵コンテを描くことができたり、見積書や指示書などの書類を入力することもできるので、一括してみることができます。

電気CADとは電気に特化して、コンピューターを用いて設計することです。また、その設計支援ツールのことを示します。

Related Posts

腰痛は寝ている間に悪化する?その原因と対策

admin

2017年3月25日

寝具が腰痛に影響を与える ほとんどの人は布団やマットレスで眠っていますが、その硬さが腰痛に影響を与えています。 […]

Read More

活用の幅の広さがすごい!S字フックを上手に取り入れるコツ

admin

2017年3月25日

バッグの中にS字フックを入れておこう 100円均一ショップなどでも購入できる、S字フック。シンプルですっきりと […]

Read More