街灯も蛍光灯からLEDに代わり時代を感じさせてくれますよね

admin

2017年2月26日

白熱球が使われていた時代

現在の街灯はLEDが採用されているエリアが増えています。

一部のエリアの中には蛍光灯が使われている部分もあるようですが、徐々にLED化が進められており、いつの間にか蛍光灯からLEDに代わっていたなと思う人も多いのではないでしょうか。

元々、街灯と言うのは夜間の照明として古くから電柱に取り付けられていたもので、昭和の時代は白熱球、地域によってはガス灯などが利用されていたところもありますよね。

街灯は暗くなると点灯し、明るくなると消灯すると言ったセンサーが活用されています。

しかし、昭和の時代の白熱球による街灯は、今のようなセンサーはなく、電柱が設置されている家や近所の人が電柱に付いている電源スイッチを入れて街灯の灯りを点灯もしくは消灯していたのです。

今では、あたりが暗くなるとLEDの街灯が点灯するなど、時代を感じさせる一つではないでしょうか。

LEDは消耗が少なく消費電力が少ない

LEDは白熱球と比較した場合、切れにくい、消費電力が少ないと言ったメリットがありますよね。

街灯と言うのは、地域の自治体などが管理を行っているもので、白熱球が切れると地域住民などが行政に対し連絡を行い、白熱球の交換が必要でした。

これは蛍光灯や現在のLEDも同じなのですが、街灯は定期的に循環を行ってメンテナンスが必要です。

白熱球や蛍光灯と言うのは寿命がそれほど長くはないので、メンテナンスや交換が必要になるタイミングも多くなります。

まして、街灯と言うのは膨大な数があるので、メンテナンスや交換等のコストも膨大な金額なりますよね。

LEDに変える事で、こうしたメンテナンス等の費用が削減出来る、電気代も節約出来ると言うメリットがあるのです。

屋外用のLEDライトパネルは防水性を向上させる細工が施されています。そのため、屋外での使用以外に湿気が多く、水を多用する場所でも効果的な宣伝を行うことが出来るのが他の看板には無い利点です。

Related Posts

腰痛は寝ている間に悪化する?その原因と対策

admin

2017年3月25日

寝具が腰痛に影響を与える ほとんどの人は布団やマットレスで眠っていますが、その硬さが腰痛に影響を与えています。 […]

Read More

活用の幅の広さがすごい!S字フックを上手に取り入れるコツ

admin

2017年3月25日

バッグの中にS字フックを入れておこう 100円均一ショップなどでも購入できる、S字フック。シンプルですっきりと […]

Read More